トップ

背中シミはクリニック

背中にシミができる原因とは

紫外線やニキビが背中シミの原因

街中で背中が大きく開いた服を着た女性を見ると、つい、その背中のお肌に目がいってしまいます。しみも肌荒れもない綺麗な背中の女性は魅力的で、同性でも、ちょっとドキドキしますね。意識しなければ自分で目にすることがない部分ですから、合わせ鏡をしてじっくりと観察するしかありません。

久しぶりに背中を観察してみたら、「いつの間にかシミができていた!」なんて焦ることがないように、定期的にチェックしておきたいものです。

背中にシミができる原因は、主に2つあります。

一つ目は、紫外線です。顔や首や腕などと同じように、背中も肌も紫外線をたくさん浴びると、ダメージを受けます。その日焼けダメージを最小限に抑え、真皮まで紫外線が侵入しないようにと、メラニン色素がたくさんつくり出されます。しかし、過剰につくられたメラニン色素が肌の中に滞留して色素沈着を起こすと、シミになるのです。海のレジャーや、背中部分が開いた服を着て出かけるときは、紫外線対策をしっかり行いましょう。

二つ目は、ニキビ跡です。皮脂腺が多くて蒸れやすい背中は、ニキビができやすい部位です。顔のように簡単にケアできるところではないので、気づくのが遅れて悪化させてしまうこともあります。炎症を伴う背中ニキビに悩まされる人も、少なくありません。炎症が起こると、肌へのダメージを防ごうとしてメラニン色素が多く産生されます。そしてニキビが治ったあと、メラニン色素の沈着によるニキビ跡が残り、シミになってしまうのです。

シミの原因となる背中ニキビを予防するために、背中を清潔に保つように心がけましょう。特に、洗髪後のシャンプーやヘアトリートメントの流し残しには気をつけたいものです。また、背中ニキビができやすい人は、顔と同じように、背中の保湿ケアもしっかりと行いましょう。